*

子供が楽しめる映画

宮崎駿監督が新しく作品を作り、その

タイトルが決定したことが話題になっています。

この件についてのコメント反応を見てみました。

 

nik***** | 9時間前 

なんか岩波とつながりたがるんだよな

やっぱ根っからの左翼

2

1

返信0

ende_chuunibyou | 9時間前 

風たちぬはまだ良かったけど今回は輪をかけて説教くさそうなタイトルだね

メッセージ性を前面に押し出した作品って大抵スベるしそんな事は監督もわかりきってると思うんだがなあ

やっぱり歳かな

自制心がきかなくなってるのか

4

6

返信0

reo***** | 9時間前 

押し付けがましいタイトル

3

0

返信0

tak***** | 9時間前 

ドラえもんとかもそうなんだけど、環境保護だとか、生きる意味だとか、友情だとか、強いメッセージを込めすぎると、途端に白けるんだよね。お金を払って観る娯楽なんだから、単純にワクワク、ほのぼのした作品が好き。

1

0

返信0

cyc***** | 9時間前 

辞める辞める詐欺だろ

少なからず最後の作品だからと観に行った自分のファンになんと

申し開きをするのか?

0

0

返信0

a | 9時間前 

なんども引退発言するのが、この人のやりかた。

0

0

返信0

yas***** | 9時間前 

甘ちょろいヒューマニズムみたいのはやめてほしい ナウシカなんて原作はグロいテーマなんだからあんな感じで

0

1

返信0

***** | 9時間前 

最早自己満足だけで作っている印象。紅の豚が観客を楽しませた最後の作品だったね。

0

2

返信0

zetfer | 9時間前 

動員数が多ければ良い映画ではない。

直近の監督のドキュメンタリーを見たら、何でこのタイトルの作品を作るのか理解出来る。

3

0

spw***** | 10時間前 

自慢げに軟体人間のCGを見せた人達に怒った宮崎氏のシーンは今も覚えている。

0

0

返信0

kor***** | 10時間前 

フォローしてくれる良いスタッフが亡くなっていって、昔のような、背景や絵そのものや、色合いなどジブリを形づくる細かい見所が無くなっていってしまって、宮崎駿の人間そのものを見せられている感覚になってしまって最近の映画は脚本も行き当たりばったり感が凄いし、期待できないけど観に行くんだろうなー

0

1

返信0

busaikuざます | 10時間前 

この世界の片隅でを見て、映画が作られた経緯から出来映えまでみたら宮崎駿悔しがるかなぁとは思ってた。

そうかどうかは知らないけど、何かが駿の作家魂に火をつけたんだろうな。

誰がどう言おうと彼は才能の塊で物凄い業を抱えてる。

いい作家はたくさんいるが似た者も代わりもいない。

最後まで見届けたいと思う。

8

2

返信0

nor***** | 10時間前 

何度引退しても帰って来るから

きっと一生現役で居たいんでしょう。

最近ジブリの作品は、大人向けに寄り過ぎてる気もするので

昔のような大人も子供も愉しめる、何度見ても飽きないような

作品を作って欲しい。

1

0

返信0

goo***** | 10時間前 

もうあんたは消えろよ。

2

1

返信0

ayu***** | 10時間前 

宮崎監督作品は明るい未来に夢を見せる事を第一として欲しい、

 

最近の何か重い宿題的作品は食傷気味になりました、

4

3

返信0

みんみん | 10時間前 

反原発の映画?

0

0

返信0

nor***** | 10時間前 

本人が描きたい作品とファンが見たい作品とがあまりにもかけ離れすぎてて見る気もしない  続編つくってくれたほうがまだマシ

1

2

返信0

wil***** | 10時間前 

子供が楽しめる映画なのかね?

 

子供に伝えたい映画ならば

重すぎるタイトルだしな

0

1

返信0

aer***** | 10時間前 

懐かしい~。

この「君たちはどう生きるか」は、小学生の頃、将来不安を感じた担任の先生から、読むようにプレゼントされた本だった。

本を読まない少年だった自分には、何ページ目かで挫折した。とにかく頭の悪い自分には難解な本だったが、中学時代に入院中読み終えた。

コペル君をどう描き伝えるのか、興味がある。

監督がこの本を掘り起し、わかりやすく表現してくれることを望む。

3

2

 

高麗美人の効果は?口コミ等もチェックして購入しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



コメントする