*

間違っているのは相手ではなく自分なのか

私は、例外なく誰にでも運命の赤い糸で結ばれた人がいるという考え方が好きです。

そのように言われると、そんなことあり得ないという言葉を返される場合があります。

でも、そう否定的に考えるんじゃなくて、考え方が間違っているのは、実は相手ではなく、自分なのかもしれない。

という見方をするのはいかがでしょうか。

普通に考えると、楽しいことをよりも苦労が多く、思い通りにならないことの方が多かったと言えるのかもしれません。

しかし、これまではダメだったからといって、これからもダメだとい訳では決してないと発想してみて下さい。

あなたを待っているこれからの生活には、自分でも予想していなかった不思議な出会いや劇的なストーリーが待ち受けていると発想してみてはいかがでしょうか。

それでも、そういった人生で、あなたが否定的な考え方を持ち続けていたら、せっかくのチャンスが失われてしまうと言えます。

ここまで聞いて、あなたは口を開けば、つまらない話ばかりをして、実にちゃっちい価値しかない人生に耐え続けることが出来ますか。

あるいは、これまでとは、発想を少しでもプラスに変えていきながら新しい出会いをつかんでいこうという感じにしていきますか。

必ず、あなたの無限の可能性とエネルギーを信じて、ステキな人生を歩んでいくことを祈っています。

一関で出会いを



コメントする