*

生活

東南アジアで国際結婚をする人の事情

東南アジアの女性と結婚する男性の友人が増えていますが、それは私の職業をあながち無関係ではなさそうです。私は、多国籍企業に勤めているので、カップルの国籍が異なることはむしろ当たり前の環境で、むかしは随分あこがれもしましたが、その分、その後の彼らの様子を聞いていると苦労も多いようです。
国際結婚手続きを最終的に自分でやるとなると大変なので、皆、とくに配偶者ビザの関係では行政書士などを利用しています。失敗はありえないので。"


帰化申請をしてみたら?

帰化許可申請とは手続根拠、国籍法第4条第2項による日本国籍に帰化しょうとする外国人のことであります。
帰化するための手続きに必要な書類はこのようになっております。
国籍・身分関係を証する書面、住民票の写し、資産・収入に関する証明書、その他の証明書・参考書類などです。
帰化申請の疑問・不安についての相談、申請は法務局が行なっておりますので、申請を行おうとしている法務局、あるいは地方法務局にお電話で予約をとった上で相談を行なって下さい。


普通の人でも出来る結婚式でのフラッシュモブ

テレビの番組でサプライズでフラッシュモブをやる

というのを最近、良く見かけます。

 

ああいうのはテレビの中だけだと思っていたら、

結婚式フラッシュモブの動画を見て考えが変わりました。

普通の人でも出来るみたいです。

 

ダンスとか未経験でも大丈夫みたいです。

練習まで、トータルでサポートしてもらえるそうです。

 

俄然、張り切ってやってみたくなりました。

想像も出来ないサプライズになると思うと、

考えるだけでも楽しみになってきます。

 

参照:3.bp.blogspot.com/-vKDOuGQ2gT4/USX9HP-hVmI/AAAAAAAANoI/sG9TIkvqJrk/s1600/face_girl_happy2.jpg


テスト

テスト記事です。